父の認知症(介護認定)

申請してから、30日ぐらいと聞いていましたが、概ね50日ぐらいかかりましたが、要介護1で介護認定通知書が届きました。

その後、地域包括支援センターの担当者に連絡し、ケアマネジャーを紹介して頂き、ケアマネージャーから訪問介護ヘルパーの介護事務所を紹介して頂きました。

このような流れで、訪問介護がはじまりました。

ケアマネジャーに相談

まず最初はケアマネジャーと、どのサービスを利用するのかを、本人の希望も聞き相談します。

話し合った結果、訪問介護サービスが決まり、日曜日以外の毎日入ってもらうことになりました。

要介護1は、ヘルパーさんを利用できる時間が45分ぐらいなので、介護サービスの計画書を、ケアマネージャーに作成して頂き介護サービスが始まりました。

ヘルパーのサービス

本人の生活していく上での支援なので、本人が使う部屋の掃除と、お風呂に入ってもらうように進めてもらったり、認知症の薬(メマリー)を飲んでいるのかの確認、簡単な食事を作ってもらったり、洗濯などをやってもらってます。

買い物は、本人が行きたがっているので、本人が行くようにしてますし、本人がやりたいと思ってることは、できるだけやってもらうようにしてます。

前に書きましたが、何度も買い物の行き、冷蔵庫がいっぱいになるのですが、とりあえず、近くの魚屋は1日1回で2回目は売らないようにお願いしましたし、スーパー以外で気付いた所は、1日1回しか売らないようにお願いしようと思ってます。

これから・・・

これからどのように認知症が進行していくのか、すごく不安です。

ひとによって進行がまちまちで、どうなるのか。

本人は施設には入りたくないと言っているので、私としては施設に入れないように考えてますが、この先のことは、わかりません。

関連記事

困ってませんか。意味も分からず契約をしてしまった。金銭管理が難しくなった。後見人を付けたいがどうしたらいいのか分からない。 そもそも成年後見制度とはどんな制度 成年後見制度とは、認知症、知的障害、精神障害などで、判断能力が欠ける、ある[…]

初回相談無料

もし成年後見制度に関して何かご不安や疑問があれば、いつでもお気軽にご相談ください。私たちの相談は初回無料で、さらにご自宅への訪問相談も承っています。

相談後に当事務所から一方的な連絡をすることはありません。また、行政書士としての守秘義務がありますので、ご相談内容が外部に漏れることは絶対にありません。

どうぞお一人で悩まずに、まずはお話ししてみてください。お話をするだけでも、きっと心が少し楽になるはずです。

大阪府行政書士会所属 公益財団法人コスモス成年後見サポートセンター会員
大阪市西成区岸里東1-24-6-416
濱田行政事務所     070-5667-6415