相続登記の義務化について

令和6年4月1日より施行される相続登記の義務化は、日本の法制度における重要な変更点です。これは、遺産の分割や管理をより透明で効率的に行うために導入されました。この記事では、新法律の概要、その目的、および日本国民に与える影響について掘り下げていきます。

登記義務化の目的

相続登記義務化の目的は、相続が発生した際の手続きの煩雑さや費用の問題により、所有者不明の土地が多く存在していた事実に対処することにあります。この法律により、相続登記を義務化することで、所有者不明の土地の発生を防ぎ、土地の円滑な利用を促進することを目指しています。

この法律の適用範囲は、令和6年4月1日から施行される相続登記義務化に関わるすべての個人に及びます。これにより、相続が発生すると、法的に登記を行う義務が発生し、全ての相続手続きを行う人々に影響を与えます。

相続登記の義務化の対象は

改正不動産登記法は、令和6年4月1日から施行されますが、この日以前に相続が発生した場合でも、新法の適用対象となります。相続登記の申請は、施行日から3年以内に行う必要があります。これは、令和6年4月1日以降に相続人としての地位や不動産取得を知った場合にも同様です。つまり、相続が開始してから時間が経過していても、施行日から3年以内、あるいは相続人として不動産を取得したことを知った日から3年以内に登記申請を完了すれば問題ありません。

罰則は

相続登記の申請義務を怠った相続人には、正当な理由がなければ10万円以下の過料が科されます。法務省は、正当な理由として、以下のようなケースを挙げています。複数回の相続が発生し相続人が非常に多い場合、遺言の有効性や遺産範囲が争われている場合、相続人自身が重病などの事情を抱えている場合です。

初回無料相談

もし相続や遺言書に関して何かご不安や疑問があれば、いつでもお気軽にご相談ください。私たちの相談は初回無料で、さらにご自宅への訪問相談も承っています。

相談後に当事務所から一方的な連絡をすることはありません。また、行政書士としての守秘義務がありますので、ご相談内容が外部に漏れることは絶対にありません。

どうぞお一人で悩まずに、まずはお話ししてみてください。お話をするだけでも、きっと心が少し楽になるはずです。

当事務所は、司法書士と連携して行うことになりますが、初回相談は無料で承っております。

大阪府行政書士会所属 公益財団法人コスモス成年後見サポートセンター会員
大阪市西成区岸里東1-24-6-416
濱田行政事務所     070-5667-6415