相続Q&A

相続に関する法律や手続きは複雑であり、多くの人にとって理解しにくいものです。このQ&Aセクションでは、相続の基本的な知識から、より具体的な疑問に至るまで、わかりやすく解説します。法定相続人の定義、相続の種類、相続放棄や限定承認の条件など、相続に関連するさまざまなトピックについて、専門的かつ詳細な情報を提供します。これにより、相続に直面した際に、適切な判断と手続きを行うための一助となることを目指しています。

相続にはどのような方法がありますか?
相続には、単純承認、限定承認、相続放棄があります。
  • 単純承認とは、相続人は、被相続人のすべての財産と負債(債務を含む)を受け入れます。
  • 限定承認とは、相続で得た財産の範囲内でのみ故人の債務を弁済する方法です。この方法を選ぶと、相続財産が負債を上回る場合のみ、残った財産を相続できます。しかし、故人の負債が相続財産を超える場合でも、相続人は自己の財産を使って債務を返済する必要はありません。
  • 相続放棄とは、相続人は、被相続人のすべての財産の相続を完全に拒否します。この決定は、相続をあった時から3ヶ月以内に行う必要があり、取り消すことはできません。
相続人が受け取ることができる相続のできる割合は?
  • 配偶者と子供 配偶者は遺産の半分を受け取り、残りの半分は子供に均等に分けられます。複数の子がいる場合は、各子が均等に分け合います。注目すべきは、2013年の最高裁判決により、嫡出子と非嫡出子の両方が平等に扱われていることです。
  •  配偶者と直系の子孫 配偶者は遺産の3分の2を相続し、直系の尊属(両親など)は残りの3分の1を受け取ります。複数の直系尊属場合、相続分を均等に分割されます。
  • 配偶者と兄弟姉妹 配偶者は遺産の4分の3を相続し、兄弟姉妹は残りの4分の1を均等に分割します。兄弟姉妹が片方の親を通じてのみ関係している場合、兄弟姉妹は完全な兄弟姉妹と比較して半分を相続します。
  • 配偶者なし 生存している配偶者がいない場合、遺産全体は同じ地位の相続人の間で均等に分割されます。
財産を相続させたくない子供がいる?

民法では、子は推定相続人であり、一般的に相続財産の法定分与を受ける権利があります(民法第887条、第900条)。遺言書で除外された場合でも、遺留分の権利があります。しかし、廃除は、故人に対する虐待や重大な侮辱を加えたり、また、被相続人が著しい非行を行った場合は、被相続人が生前に家庭裁判所に廃除請求を行うか、遺言書に廃除の記載して、遺言執行者が廃除請求をして、相続権を剥奪できます。この場合でも、子への代襲相続を奪うことはできません。

相続承認や相続放棄を行った場合、後で取り消しや撤回はできるのか?
民法では、一度相続の承諾または放棄が宣言されると、一般的に取り消すことはできません。これは、債権者やその他の相続人の安定性を維持するためです。但し、未成年者が法定代理人の同意なく行為を行った場合、成年被後見人本人が行った場合、被保佐人が保佐人の同意を得ないで行った場合、又は被補助者が補助人の同意得を必要な場合に同意を得ないでした行為、詐欺又は強要があった場合等は、例外的に取消しが認めらます。
 
事実婚や内縁関係の場合の妻の相続は
事実婚や内縁関係の場合は、妻には相続権がありません。しかし「特別縁故者の申し立て」や「遺言書」によって相続することもできます。
 
亡くなる直前に結婚した場合の配偶者の相続は?
日本の民法では、法的な配偶者には相続権があります。結婚期間の長さにかかわらず、法律上の配偶者は法定相続分に従って相続権を持ちます。たとえ、被相続人が亡くなる直前に結婚した場合でも、その配偶者には通常の相続権が認められます。
 
 

初回相談無料

濱田行政書士事務所は、相続問題において信頼できる専門家として皆様のお悩みに対応いたします。相続に関する様々な疑問や困難に面している方々に対し、法的知識と豊富な経験をもとに、親切丁寧なサポートを提供します。どんな小さな疑問でも、専門家への相談が重要な第一歩です。安心と信頼を大切にし、皆様の権利と利益を守るために、濱田行政書士事務所が全力でサポートいたします。
大阪府行政書士会所属 公益財団法人コスモス成年後見サポートセンター会員
大阪市西成区岸里東1-24-6-416
濱田行政事務所     070-5667-6415