相続人調査

遺産相続において、相続人を明確にするためには相続人調査が必要です。この調査を行うためには、戸籍を集める必要があります。戸籍収集は手間と知識を要する作業であり、適切に行うためには、基礎知識と手順を理解しておくことが重要です。本記事では、戸籍収集を通じた相続人調査の基本と相続までのプロセスについて解説しています。

戸籍収集による相続人調査とは

遺産相続が発生した際に、誰が相続人であるかを明らかにするためのプロセスです。この調査は遺産分割の基礎となります。戸籍を収集することで、相続人の確定が可能になり、その後の遺産分割や手続きに進むことができます。相続人になった場合、法律上の手続きや遺産の分配に関わる必要があります。この過程を理解し、適切に進めることが重要です。

相続人調査は必要か

遺産相続において正式な相続人を特定するために必要です。家族間で相続人が明確であっても、銀行や不動産の名義変更など法的手続きには、相続関係を証明するために戸籍を用いた客観的な調査が求められます。この調査によって、相続のプロセスがスムーズに進み、法的な問題を避けることができるため、相続人調査は重要な役割を果たします。

戸籍収集による相続人調査の基礎知識

戸籍収集による相続人調査を行う際に理解しておくべき基本的な戸籍の知識は次の通りです。 戸籍は家族関係の公式記録で、個人が生まれてから死亡するまで(出生、結婚、離婚、死亡など)が記載されています。 これにより、相続人の範囲や関係を明確にすることができます。 相続人調査には、故人の戸籍謄本や除籍謄本、戸籍の附票などが必要です。 これらの文書を通じて、相続人を正確に特定し、遺産分割の基礎として用います。

戸籍の種類

戸籍には、戸籍謄本、除籍謄本、改製原戸籍謄本の3つの種類があります。
戸籍謄本には現在の情報が記載されていますが、相続人調査では戸籍謄本だけではなく除斥謄本や改製原戸籍謄本が必要になることもあります。
除籍謄本は戸籍内の人が全員結婚や死亡などの理由で戸籍から抜けた場合の戸籍で、改製原戸籍謄本は戸籍の法改正によって使われなくなった古い戸籍です。

相続人調査で戸籍収集が必要な範囲

相続人調査では、必要な戸籍が状況に応じて異なりますが、一般的に必要なものは以下の通りです。 故人の出生から死亡までの戸籍謄本、相続人全員の現在の戸籍謄本が基本です。 故人に先に亡くなった子供がいる場合は、その子供の出生から死亡までの戸籍謄本も必要です。

故人に子供がいない場合の戸籍収集

故人の父母や祖父母の状況によって異なります。
故人の父母や祖父母に死亡者がいる場合は、故人の父母や祖父母の死亡の事実を記載している戸籍謄本が必要です。例えば、故人の父が死亡している場合は、故人の父の戸籍謄本が必要となります。これは、故人の父が死亡したときに、故人が相続人になった可能性があるからです。

故人の父母や祖父母全員が死亡している場合は、故人の戸籍謄本と、故人の父母や祖父母の出生から死亡までの戸籍謄本が必要です。これは、故人の父母や祖父母が死亡したときに、故人が相続人なった可能性があるからです。

戸籍収集によって相続人が確定する

戸籍収集は相続人を明確にする上で不可欠です。 故人の全生涯にわたる戸籍謄本、現在の相続人全員の戸籍謄本が基本となります。 また、故人に子供がいた場合(もし子供が故人より先に亡くなっていたら)、その子供の出生から死亡までの戸籍謄本も必要になります。 これらの戸籍情報をもとに、正式な相続人を特定し、遺産分割や名義変更の手続きを円滑に進めることができます。

まとめ

正確な相続人調査には法律の専門知識が重要です。 戸籍謄本の改訂により、連続性の確認が難しくなることもあります。 また、相続手続きには法律の知識が必要で、手続きの取り消しや修正が難しい場合もあります。 このため、専門知識を持つ行政書士に依頼すると、手続きを正確かつスムーズに進めることができます。


初回無料相談

もし相続や遺言書に関して何かご不安や疑問があれば、いつでもお気軽にご相談ください。私たちの相談は初回無料で、さらにご自宅への訪問相談も承っています。

相談後に当事務所から一方的な連絡をすることはありません。また、行政書士としての守秘義務がありますので、ご相談内容が外部に漏れることは絶対にありません。

どうぞお一人で悩まずに、まずはお話ししてみてください。お話をするだけでも、きっと心が少し楽になるはずです。

大阪府行政書士会所属 公益財団法人コスモス成年後見サポートセンター会員
大阪市西成区岸里東1-24-6-416
濱田行政事務所     070-5667-6415