相続放棄する手順

相続放棄とは、被相続人のすべての財産の相続を放棄することです。
相続放棄を選択すべきケースは、被相続人の相続財産を調査した結果、プラス財産よりマイナス財産が多い場合です。
ほかにも、相続トラブルに巻き込まれたくないなどのケースがあります。

相続放棄のメリットは

  • マイナス財産を引き継がなくてよい

相続放棄のデメリットは

  • すべての相続財産を放棄する。
    被相続人の家に同居してる場合は退去しなければいけないし、被相続人の所有物も勝手に持ち出しもできません。
  • 相続放棄すると、原則として撤回や取り消しはできない。
    後から財産がでてきたりする場合や、勘違いして相続放棄した場合でも、原則として撤回・取消しはできません。
  • 相続放棄すると、次順位の相続人に権利が移り、迷惑をかける場合がある。

相続放棄するには

相続放棄は、家庭裁判所に申述することによって行います。この申述は、相続人が相続の開始を知ったときから3カ月以内に、被相続人の最後の住所地を管轄する家庭裁判所に申述します。

必要書類

共通

  • 相続放棄の申述書
    申述書ダウンロード
  • 被相続人の住民票除票又は戸籍附票
  • 申述人(放棄する方)戸籍謄本

申述人が被相続人の配偶者の場合

  • 被相続人の死亡の記載のある戸籍(除籍、改製原戸籍)謄本

申述人が被相続人の子又はその代襲者(孫、ひ孫等)(第一順位相続人)の場合

  • 被相続人の死亡の記載のある戸籍(除籍、改製原戸籍)謄本
  • 申述人が代襲相続人(孫、ひ孫等)の場合は、被代襲者(本来の相続人)の死亡の記載のある戸籍(除籍、改製原戸籍)謄本

申述人が被相続人の父母・祖父母(直系尊属)(第二順位相続人)の場合(先順位相続人等から提出済みのものは添付不要)

  • 被相続人の出生時から死亡時までのすべての戸籍(除籍、改製原戸籍)謄本
  • 被相続人の子(及びその代襲者)で死亡している方がいらっしゃる場合、その子(及びその代襲者)の出生時から死亡時までのすべての戸籍(除籍、改製原戸籍)謄本
  • 被相続人の直系尊属に死亡している方(相続人より下の代の直系尊属に限る(例:相続人が祖母の場合は父母))がいらっしゃる場合、その直系尊属の死亡の記載のある戸籍(除籍、改製原戸籍)謄本

申述人が被相続人の兄弟姉妹及びその代襲者(おいめい)(第三順位相続人)の場合(先順位相続人等から提出済みのものは添付不要)

  • 被相続人の出生時から死亡時までのすべての戸籍(除籍、改製原戸籍)謄本
  • 被相続人の子(及びその代襲者)で死亡している方がいらっしゃる場合、その子(及びその代襲者)の出生時から死亡時までのすべての戸籍(除籍、改製原戸籍)謄本
  • 被相続人の直系尊属の死亡の記載のある戸籍(除籍、改製原戸籍)謄本
  • 申述人が代襲相続(おいめい)の場合、被代襲者(本来の相続人)の死亡の記載のある戸籍(除籍、改製原戸籍)謄本

書類が揃ったら家庭裁判所に申述する。

被相続人の最後の住所地を管轄する家庭裁判所に申述します。
郵送で申述できますので、申述書に800円の収入印紙を貼って、連絡用切手 申述人1人につき470円(内訳:84円5枚、10円5枚)と、戸籍謄本などの必要書類を家庭裁判所に送る。
裁判所を調べたい方はこちら

家庭裁判所から照会書が届く

申述後、家庭裁判所から相続放棄についての照会書が届くので、必要事項を記入して、回答して返送する。

家庭裁判所から相続放棄申述受理通知書が届く

これで正式の相続放棄が、認められたことになります。

まとめ

相続放棄は、自分でできますが、間違った判断をしてしまい後悔する場合がありますので、専門の方に相談することをお勧めします。

相続放棄についてお気軽にお問い合わせください
電話でのお問い合わせ

濱田行政書士事務所 070-5667-6415

メールでのお問い合わせ